謝罪の王様 感想や出演者、冒頭のあらすじ

謝罪のプロを描いた痛快ドタバタコメディ映画「謝罪の王様」

タイトル 謝罪の王様
製作年/製作国 2013年/日本
監督 水田伸生
脚本 宮藤官九郎
出演 阿部サダヲ、井上真央、竹野内豊、岡田将生、尾野真千子、荒川良々、濱田岳、MATSU、川口春奈、鈴木伸之、尾野真千子
収録時間 128分
レンタル TSUTAYAディスカスDMM.com
DVD、Blu-rayの購入 Amazon.co.jp楽天ブックス
おすすめ度 星2つ

映画のポイント

謝罪することを生業としたプロの謝罪師、黒島譲の圧巻の謝罪劇を痛快ドタバタコメディ映画。「なくもんか」や「舞妓 Haaaan!!!」で知られる水田伸生(監督)、宮藤官九郎(脚本)、阿部サダヲ(主演)の3人がタッグを組んでいます。

冒頭のあらすじ

謝罪することを生業とし、一つのビジネスとして成功させた男、黒島譲(阿部サダヲ)。彼が東京謝罪センターの所長を務め、CMにも出演してしまうほどの成功を収めていた。

黒島は些細な喧嘩からビジネス現場での謝罪、男女関係における謝罪など、ありとあらゆる問題を謝罪で解決してきた。

そんなある日、司法書士を目指していた若い女性の倉持典子(井上真央)は、車の衝突事故を起こしてしまう。ぶつけた相手は、間違いなくヤクザな男達。気付けば組事務所に連れてこられており、典子は怪しい契約書にほぼ強制的に署名してしまった。

契約書の内容は、示談金400万、利子が10日で3割という法外なもの。この事案を相談された黒島は、すぐに組事務所への謝罪へ向けて動き出す・・・。

スポンサードリンク



「謝罪の王様」を見た感想

見始めてからちょっとして「何やら癖の強い映画だな〜」と思って製作陣をチェックしたら、脚本が宮藤官九郎氏だったのですね。

少年メリケンサックはとても良かったのですが、「ごめんね!青春」の初回を見て以来、ちょっと苦手になってしまいました。。

映画はメジャーな俳優さんが多数出演しているものの、正直あまり楽しめなかったですね。本来であれば所々笑えるシーンもあったのでしょうが、話が現実的ではないだけに、なかなかストーリーに入っていけず・・・。ちょっと残念でした。

ただ、ラストのエンドロールの部分で、E-girlsやエグザイルのメンバーの方々のダンスが見れたのは良かったです。


スポンサードリンク


映画ランキング TOPページに戻る