ステキな金縛り 映画の感想や出演者、冒頭のあらすじ

三谷幸喜監督のサスペンス・コメディ!ステキな金縛り

タイトル ステキな金縛り
製作年/製作国 2010年/日本
監督 三谷幸喜
出演 深津絵里、西田敏行、中井貴一、阿部寛、竹内結子、浅野忠信、草なぎ剛、市村正親、小日向文世、小林隆、山本耕史、木下隆行、唐沢寿明、篠原涼子、深田恭子
収録時間 142分
レンタル TSUTAYAディスカスDMM.com
DVD、Blu-rayの購入 Amazon.co.jp楽天ブックス
おすすめ度 星5つ

映画のポイント

深津絵里や西田敏行、竹内結子、阿部寛、中井貴一など、豪快俳優陣が共演した三谷幸喜監督の法廷サスペンス・コメディ映画。篠原涼子や唐沢寿明などもちょい役で出演しており、本当にそうそうたるメンバーが顔を連ねています。

落ち武者の幽霊が証人となった裁判の行方は、一体どうなるのか・・。笑える場面が何度も出てくるエンターテイメント・コメディ映画です。

冒頭のあらすじ

失敗続きで首寸前の所まできた、三流弁護士のエミ(深津絵里)。彼女が所属する弁護士事務所の所長(阿部寛)から命じられた案件は、とある殺人事件だった。

エミが担当する被告人(殺人事件の容疑者)は、完全に無罪を主張。事件が起こった夜は旅館の一室でずっと金縛りに遭っており、犯行に及ぶことは不可能だったという。

エミは事実を探るために被告人が泊まったという旅館を訪れる。調査をしてその日のうちに帰るはずだったが、夜に訪れたために帰りの交通手段が無くなってしまった。

そこで止むを得ず、エミは旅館に宿泊することを決める。そしてその夜、エミは被告人の証人と成り得る人物である幽霊の六兵衛(西田敏行)と遭遇するのだが・・・。

スポンサードリンク



「ステキな金縛り」を見た感想

最初から最後まで笑える場面が満載で、とても楽しい映画でした。これまで数々のコメディ映画を作っている三谷幸喜監督ですが、このステキな金縛りが一番好きですね。

まず、西田敏行さんが演じた幽霊の六兵衛のキャラクターが、もう最高です。絶対に西田さんしか務まらないような、唯一無二のキャラクターでした。

そしてこの六兵衛を見える人とそうでない人に分かれているという部分が、かなりのキーポイントでしたね。

中井貴一さんが演じている敵対する側の検事が、六兵衛のことを見えないフリをしていてあたりも、かなり面白かったです。

三谷監督の映画は好き嫌いが分かれると言われていますが、このステキな金縛りに限っては好きな人が多いと思います。今まで三谷監督の映画を見てなかった人にも、是非おすすめしたい作品です。


スポンサードリンク


映画ランキング TOPページに戻る