映画「土竜の唄 潜入捜査官REIJI」を見た感想

もうやりたい放題!「土竜の唄 潜入捜査官 REIJI」

タイトル 土竜の唄 潜入捜査官REIJI
製作年/製作国 2014年/日本
監督 三池崇史
脚本 宮藤官九郎
原作 高橋のぼる
出演 生田斗真、堤真一、仲里依紗、山田孝之、岡村隆史、上地雄輔、岩城滉一、大杉漣、伊吹吾郎、渡辺哲、佐藤寛子、南明奈、斉木しげる、吹越満、遠藤憲一
収録時間 130分
レンタル TSUTAYAディスカスDMM.com
DVD、Blu-rayの購入 Amazon.co.jp楽天ブックス
おすすめ度 星4つ

映画のポイント

ビッグコミックスピリッツで連載中の人気漫画を、三池崇史監督×宮藤官九郎脚本で実写映画化した作品。主人公は生田斗真で、堤真一や山田孝之、遠藤憲一、岡村隆史など、豪華俳優陣が共演しています。

コメディタッチのエンターテイメント映画であり、もうやりたい放題やっている感じで面白いです。続編製作の決定が、2016年1月に発表されています。

冒頭のあらすじ

交番勤務の巡査である菊川玲二(生田斗真)はある日、署長の酒見(吹越満)に呼び出され、突然クビを言い渡される。

しかし、その裏の話があり、表向きは懲戒免職という形式を取りながら、裏では潜入捜査官としてヤクザ組織に潜入するという命令だった。

酒見は一美(遠藤憲一)に潜入捜査官としてやっていけるかどうかテストを依頼。玲二はもちまえのキャラクターで、そのテストをことごとくクリアーしていった。

そして玲二は、はれて潜入捜査官の任務に就くことになる。

潜入捜査の目的は、合成麻薬の密売ルートを探ること。そしてターゲットは関東一の暴力団である数寄矢会組長、轟周宝(岩城滉一)だった。

早速相手の懐にもぐり込んだ玲二は、「クレイジーパピヨンと呼ばれる若頭・日浦匡也(堤真一)に気に入られてしまう・・・。

スポンサードリンク



「土竜の唄 潜入捜査官REIJI」を見た感想

とにかくやりたい放題やってしまった感が全開の映画で、とても面白かったです。

警察官が暴力団へ潜入捜査するというシリアスなストーリーながらも、その破天荒な展開とキャラクターがとにかく笑えます。

”5分に1回何かが起きる”と紹介されていましたが、本当にその通りでしたね。

そして、この作品は俳優陣もとにかく豪華です。その中で特に光っていたと思うのは、堤真一でした。堤さんが演じた若頭”クレイジーパピヨン”は、主人公の玲二以上に存在感がありましたね。

続編の製作が決定したことも発表されましたし、第2弾がどんな映画になるのか、楽しみに待ちたいと思います。


スポンサードリンク


映画ランキング TOPページに戻る