舞妓Haaaan!!! 感想や出演者情報

舞妓に命をかけた男の破天荒物語!「舞妓Haaaan!!!」

タイトル 舞妓Haaaan!!!
製作年/製作国 2007年/日本
監督 水田伸生
脚本 宮藤官九郎
出演 阿部サダヲ、堤真一、柴咲コウ、早織、京野ことみ、酒井若菜、大倉孝二、生瀬勝久、山田孝之、小出早織
収録時間 120分
レンタル TSUTAYAディスカスDMM.com
DVD、Blu-rayの購入 Amazon.co.jp楽天ブックス
おすすめ度 星3つ

映画のポイント

高校の頃に舞妓と出会い、舞妓に命をかけてきた青年が織り成す破天荒な物語。宮藤官九郎のオリジナル脚本を映画化したもので、阿部サダヲが主人公の舞妓大好き人間を熱演しています。コメディ色の強い映画です。

冒頭のあらすじ

東京にある食品会社「鈴谷食品」に勤める会社員の鬼塚公彦(阿部サダヲ)は、仕事中も舞妓のことばかり考えているような熱狂的な舞妓マニア。

高校の修学旅行で京都に訪れた時に舞妓に一目ぼれして以来、ずっと舞妓のことした頭に無いような男だった。そんな公彦には、大沢富士子(柴咲コウ)という同僚の恋人もいる。

どんなに公彦が舞妓のことに一生懸命でも、富士子は鬼塚にゾッコンだった。

そんなある日、公彦に京都支社への転勤の辞令が出る。念願が叶った公彦は、あっさりと彼女の富士子を捨てて京都に引越した。

そして早速、舞妓のいる祇園のお茶屋に出向いたが、京都のお茶屋は一見さんは全てお断りしているとのことで、お茶屋に入ることが出来なかった。

何としてでもお茶屋に入りたかった公彦は、お茶屋に度々行っている鈴谷食品の社長(伊東四朗)に、連れて行ってくださいと懇願する。しかし、社長は初対面の公彦のことを何も知らない。

このため、仕事で結果を出せば連れて行ってやると言い、断った。その後、公彦は何としてでも仕事で結果を出すために、奮起する・・。

スポンサードリンク



「舞妓Haaaan!!!」を見た感想

想像を絶する破天荒ぶりで、完全にコメディな映画でしたね。ストーリーもちょっとぶっ飛んでいる感じがあり、現実味があまりありません。

なので、コメディとしては面白いかもしれませんが、現実的に考えると話について行くことができませんでした。

そしてこの映画のすごい所が、やはり主人公の阿部サダオさんの演技ですね。常にテンションがマックスの主人公だったのですが、コミカルな動きで稀に笑わせてくれる場面もありました。

「好きこそものの上手なれ」という言葉がありますが、主人公の公彦にとっては舞妓さんが全てのパワーの源になっています。

心の底から好きな物があるということは、人生においてとても幸せなことだと思いました。


スポンサードリンク


映画ランキング TOPページに戻る