レッド・スパロー(ジェニファー・ローレンス主演映画)の感想や冒頭のあらすじ

ジェニファー・ローレンス主演映画「レッド・スパロー」

タイトル レッド・スパロー
原題 Red Sparrow
製作年/製作国 2018年/アメリカ
配給 20世紀フォックス映画
監督 フランシス・ローレンス
指定 R15+
キャスト
(出演者)
ジェニファー・ローレンス、ジョエル・エドガートン、マティアス・スーナールツワ、ジェレミー・アイアンズ、シャーロット・ランプリング、メアリー=ルイーズ・パーカー、キアラン・ハインズ
収録時間 140分
レンタル TSUTAYAディスカスDMM.com
DVD、Blu-rayの購入 Amazon.co.jp楽天ブックス
おすすめ度 星5つ

映画のポイント

不幸な事件をきっかけにロシア政府のスパイとなった女性の、壮絶な駆け引きを描いた2018年のスパイ・サスペンス映画。

主演は「世界にひとつのプレイブック」でアカデミー主演女優賞を受賞したジェニファー・ローレンスで、孤高の女スパイ役を体当たりで演じています。

決して逃れられないスパイの世界に足を踏み入れた彼女は、どんな決断を下すのか・・・。ラストには驚きの展開が待ち受けています。

スポンサードリンク


映画「レッド・スパロー」の冒頭のあらすじ

ドミニカ(ジェニファー・ローレンス)は、バレエ団のトップダンサーとして主演を務める程の実力の持ち主。

ある日の公演でタッグを組んだ男性バレエダンサーの裏切りに遭い、公演中に足を骨折してしまう。バレエダンサーとして生命が絶たれたドミニカは、この事件を仕組んだ相手に報復する。

ロシア政府の諜報機関で重役を務めるドミニカの伯父は、彼女が犯した罪を知った。そしてドミニカに諜報員としての才能を見出し、スパイの世界へと誘う。

大きな罪を背負ったドミニカは、何かに追われるようにして諜報機関の一員になることを決意する。

そしてロシア諜報員の秘密の養成機関へと送り込まれ、心理操作や自らの身体を駆使した誘惑の方法を極めていくのだが・・・。

スポンサードリンク


非常に怖すぎる世界。映画「レッド・スパロー」の感想

ジェニファー・ローレンス主演の本格派スパイ・サスペンス映画という事で注目して見てみたのですが、予想以上にドロドロとした過酷な内容の映画でした。

ミッション・インポッシブルなどの爽快感のあるスパイアクション映画とは違い、このレッド・スパローは濃厚な人間ドラマに重点を置いています。

アクションシーンはほとんどありませんでしたが、思わず目を塞ぎたくなるような拷問のシーンがいくつか出てきました。

国家に仕えるロシア諜報員の世界は、本当に怖いものだと痛感させられましたね。

また、この映画ではアメリカのCIAとロシアの諜報員が様々な駆け引きを繰り広げるのですが、アメリカとロシアとでは人権に関する考え方が違います。

アメリカは人権を基本的に認めてくれるものの、ロシアの場合はそうはいきません。一体なぜ、そこまで厳しくする必要があるのか。ちょっと理解に苦しむ場面もありましたね。

しかしながらこのレッド・スパローは、終盤に驚きの展開を見せてくれます。拷問などの酷いシーンに対して免疫がある方でしたら、おすすめできる映画だと思います。

ちなみにレッド・スパローは、ユーネクストで鑑賞できます。(※2018年6月時点)

ユーネクストの公式サイトはこちら↓


映画ランキング TOPページに戻る