響-HIBIKI-(2018年の映画)の感想や冒頭のあらすじ、出演者情報

欅坂46の平手友梨奈主演映画!「響-HIBIKI-」

タイトル 響-HIBIKI-
製作年/製作国 2018年/日本
劇場公開日(日本) 2018年9月14日
配給 東宝
監督 月川翔
原作 柳本光晴
キャスト
(出演者)
平手友梨奈、北川景子、アヤカ・ウィルソン、高嶋政伸、柳楽優弥、北村有起哉、板垣瑞生、吉田栄作、小栗旬
収録時間 104分
レンタル TSUTAYAディスカスDMM.com
DVD、Blu-rayの購入 Amazon.co.jp楽天ブックス
おすすめ度 星5つ

映画のポイント

マンガ大賞2017にて大賞を受賞した漫画「響〜小説家になる方法〜」を、欅坂46のメンバーである平手友梨奈を主演に迎え、実写映画化した作品。北川景子や小栗旬、高嶋政伸、柳楽優弥、吉田栄作など、日本を代表するたくさんの俳優陣が共演しています。

高校1年生ながら小説家として驚くべき才能を発揮する、主人公の響。絶対に自分を曲げない彼女は、各種メディアや日本社会とどのように接していくのか・・・。

響の強すぎる個性がとても魅力的であり、一般的な人々の価値観や感性を覆してくれるような、とても素晴らしい作品に仕上がっていました。

スポンサードリンク


映画「響-HIBIKI-」の冒頭のあらすじ

ある日、文芸雑誌「木蓮」編集部に、1つの新人賞応募作が届いた。作品のタイトルは「お伽の庭」。応募要項から外れた作品で破棄される事になったが、編集者の一人である花井ふみ(北川景子)は、興味本位で読み進めてみることに。

するとその「お伽の庭」は紛れもない傑作だったが、応募者の情報は「鮎喰 響(あくい ひびき)」という名前だけだった。どれだけ優れた小説でも、作者がわからなければ出版はできない。ふみはどうにかしてこの素晴らしい作品を世に出せないかと、奔走することになる。

鮎喰響(平手友梨奈)は、高校生になったばかりの15歳の少女。同級生の椿涼太郎(板垣瑞生)と一緒に、高校の文芸部に入部した。

文芸部の部長は、有名な小説家の父を持つ2年生の祖父江凛夏(そふえ りか:アヤカ・ウィルソン)。自分の意見を決して曲げない響と対立するが、彼女の優れた才能を知り、少しずつ認めるようになる。

そんな中、響が書いた「お伽の庭」が、木蓮新人賞を受賞。やがて凛夏を通して響とふみはようやく出会い、響は自分が書いた小説を通して様々な人と出会っていくのだが・・・。

スポンサードリンク


強すぎる個性が魅力的!映画「響-HIBIKI-」の感想

Yahoo!映画では4.0、映画.comでも3.9という高い評価を獲得しており期待して見てみたのですが、予想以上におもしろかったです。

この「響-HIBIKI-」を語る時に欠かせないポイントと言えば、主人公である鮎喰響のとてつもない”個の強さ”です。

昔、サッカー日本代表時代の本田選手が「個の強さ」の大切さを力説されていましたが、この響は本田選手のような特別な”個の強さ”を持ち合わせています。

15歳の高校1年生ながら、自分の価値観や感性、考え方を一切曲げようとしません。時にその姿は非常に刹那的であり、これが彼女の大きな魅力となっているのです。

欅坂46の平手友梨奈さんは主演として大抜擢されたと思うのですが、ぴったりの配役でしたね。やがて親友となる凛夏(アヤカ・ウィルソン)も良かったですし、小栗旬さんや北川景子さんなどのベテラン陣も、本当にいい感じだったと思います。

自分の仕事や、本当に大好きな事において、一番大切なのは何なのか。

このようなことを考えさせてくれる、とても素晴らしい映画です。学生から中高年まで幅広い世代の方々が楽しめる映画ですので、まだご覧になっていない方へぜひお薦めします(^^♪

ユーネクストの公式サイトはこちら↓


映画ランキング TOPページに戻る