レディ・プレイヤー1(2018年の映画)の感想や冒頭のあらすじ

スピルバーグ監督のSF映画!レディ・プレイヤー1

タイトル レディ・プレイヤー1
原題 Ready Player One
製作年/製作国 2018年/アメリカ
配給 ワーナー・ブラザース映画
監督 スティーブン・スピルバーグ
原作 アーネスト・クライン
キャスト
(出演者)
タイ・シェリダン、オリビア・クック、ベン・メンデルソーン、リナ・ウェイス、サイモン・ペッグ、マーク・ライランス、フィリップ・チャオ、森崎ウィン、T・J・ミラー
収録時間 140分
レンタル TSUTAYAディスカスDMM.com
DVD、Blu-rayの購入 Amazon.co.jp楽天ブックス
おすすめ度 星3つ

映画のポイント

2045年の荒廃した近未来を舞台に、VRの仮想世界「オアシス」で戦う若者たちの姿を描いたSFアドベンチャー映画。

監督は巨匠スティーブン・スピルバーで、タイ・シェリダンやオリビア・クックなど、複数の若手俳優が主要な登場人物を演じています。

3つの鍵を手にした後に待ち受けるものとは、一体何なのか。VRの世界を駆使した様々なアバターも登場し、奇想天外な映像で物語が進行していきます。

スポンサードリンク


映画「レディ・プレイヤー1」の冒頭のあらすじ

西暦2045年の地球。世界は益々貧富の差が激しくなり、各地で環境破壊が進んでいた。人間は様々な物事に対して改善する事をあきらめてしまい、各地で荒廃が進行している。

そんな中、人々の多くはVRの仮想世界「オアシス」に入り込み、リアルでは体験できないような様々な挑戦に没頭していた。

オアシスでは、イメージした事のほとんどがリアルに表現され、何者にでもなることが出来る。荒廃した人類では、オアシスこそが希望の光だった。

17歳の少年ウェイド(タイ・シェリダン)も、オアシスの世界に没頭する若者の一人である。

そんなある日、オアシスの創始者であるジェームズ・ハリデーが亡くなり、驚きの遺言が公表される。その内容は、彼が仕掛けたゲームの勝者に、賞金5000億ドルとオアシスの所有権を譲り渡すというものだった。

スポンサードリンク


VR×アバター×冒険劇!レディ・プレイヤー1の感想

日本でも大きな話題を集めた映画だけに期待して見てみたのですが、話がちょっと複雑で見ていて疲れてしまいました。

映像はVRとリアルな世界が半々ぐらいで、VRでは登場人物がアバターとして描かれています。

冒頭で大まかなあらすじは掴めたものの、いまいちストーリーに入り込むことができず・・・。思っていたほど楽しめませんでしたね。

個人的にVRやゲームにはあまり興味が無いため、同調できなかったのかもしれません。

しかしながら各映画サイトでの評価は高く、Yahoo!映画では4.10、映画.comでは3.9となっています。

多くの人々が高く評価しているので、一度見ておくべき価値があると言えるでしょう。

レディプレイヤー1の鑑賞はこちら↓


映画ランキング TOPページに戻る