去年の冬、きみと別れ(2018年の映画)の感想や冒頭のあらすじ

とにかく凄い!驚きのサスペンス映画「去年の冬、きみと別れ」

タイトル 去年の冬、きみと別れ
製作年/製作国 2018年/日本
配給 ワーナー・ブラザース映画
監督 瀧本智行
原作 中村文則
キャスト
(出演者)
岩田剛典、山本美月、斎藤工、浅見れいな、土村芳、北村一輝、Mummy-D、小林且弥、利重剛、堀内正美
収録時間 118分
レンタル TSUTAYAディスカスDMM.com
DVD、Blu-rayの購入 Amazon.co.jp楽天ブックス
おすすめ度 星5つ

映画のポイント

芥川賞作家として知られる中村文則のサスペンス小説を、「三代目J Soul Brothers」のパフォーマーであり、映画やドラマでも活躍している岩田剛典を主演に迎え、瀧本智行監督がメガホンを取った驚愕のサスペンス映画。

猟奇的な殺人事件を追う若き記者の真の目的は、一体何なのか。後半は少しずつ謎が紐解かれ、終盤には驚きの展開が待ち受けています。

斎藤工や山本美月、浅見れいな、そして北村一輝が主要キャストとして出演していますが、主演を務めた岩田剛典の演技は圧巻。見るものを惹きつける、とても見事なサスペンス映画です。

スポンサードリンク


映画「去年の冬、きみと別れ」の冒頭のあらすじ

耶雲恭介(岩田剛典)は、本の出版を目指している若きルポライター。彼はレストランで働く松田百合子(山本美月)と婚約しており、結婚を間近に控えていた。

恭介はある日、盲目の女性が犠牲となった未解決焼死事件にて、衝撃の事実を知る。

この事件は、著名なフォトグラファーである木原坂雄大(斎藤工)の自宅兼スタジオで起こった事件であり、雄大と盲目の女性が2人きりの状態で発生したという。

当初は雄大が殺人犯として逮捕されるが、姉の木原坂朱里(浅見れいな)が優秀な弁護士を雇い、結局は保護責任者遺棄致死罪として減刑されることになった。

しかし、恭介は雄大が殺人犯である決定的な証拠写真が存在していることを知り、ある雑誌社を訪ねる。

そしてこの事件についての取材記事を書かせて欲しいと懇願し、雑誌社から許可を得た。担当として、ベテラン編集者の小林良樹(北村一輝)が協力することになる。

恭介は早速、木原坂雄大の自宅へと向かう。雄大は恭介を受け入れ、取材に応じることにした。恭介は独自取材を重ねるうちに、雄大に秘められた猟奇性を感じ始めるのだが・・・。

スポンサードリンク


終盤は予想外の展開へ!「去年の冬、きみと別れ」の感想

まさか、こんなストーリーだったなんて・・・・!

序盤は猟奇的な未解決殺人事件の話かと思いきや、そんな簡単な話ではありませんでした。

中盤以降から少しずつ事実が明らかになり、終盤は本当に予想外の展開が待ち受けていて・・・。実に見事なサスペンス映画でしたね。

この作品では「すべての人がこの罠にハマる」というキャッチフレーズが出ていましたが、この言葉にも納得です。完全に罠にハマってしまいました。

そして特筆すべきは、主人公の若きルポライター・耶雲恭介役を演じた、ガンちゃんこと岩田剛典さんです。

序盤は、若い真面目な雑誌記者というキャラクター設定なのですが、不思議とどこかに闇が秘められていました。

そして終盤は一気に強さと切なさを醸し出し、本当に見事な演技だったな〜と感心させられましたね。ガンちゃんは恋愛映画や明るいドラマが似合う印象でしたが、このようなシリアスな役どころも見事だと思います。

この「去年の冬、きみと別れ」は、サスペンスやミステリー系の映画がお好きな方でしたら、間違いなく楽しめると思います。

ユーネクストで配信中なので、ぜひご覧になってみてください(^^♪

ユーネクストの公式サイトはこちら↓


映画ランキング TOPページに戻る