ハンターキラー 潜航せよ(2018年の映画)の感想や冒頭のあらすじ

ハンターキラー 潜航せよ(2018年の映画)の感想や冒頭のあらすじ

潜水艦を舞台にした映画「ハンターキラー 潜航せよ」

タイトル ハンターキラー 潜航せよ
原題 Hunter Killer
製作年/製作国 2018年/イギリス
劇場公開日(日本) 2019年4月12日
配給 ギャガ
監督 ドノバン・マーシュ
キャスト
(出演者)
ジェラルド・バトラー、ゲイリー・オールドマン、リンダ・カーデリーニ、コモン、カーター・マッキンタイア、トビー・スティーブンス、ゼイン・ホルツ、ゼイン・ホルツ
収録時間 122分
レンタル TSUTAYAディスカスDMM.com
DVD、Blu-rayの購入 Amazon.co.jp楽天ブックス
おすすめ度 星4つ

映画のポイント

アメリカ海軍の潜水艦を舞台にした2018年のアクション映画。一体なぜ、海軍の潜水艦は行方がわからなくなってしまったのか。その事実の裏側には、衝撃の陰謀が隠されていました。

主演は「300」や「エンド・オブ・ホワイトハウス」などのアクション映画で有名なジェラルド・バトラーが務めています。

スポンサードリンク


映画「ハンターキラー 潜航せよ」の冒頭のあらすじ

アメリカ海軍の潜水艦USSダンパベイは、ロシア領のバレンツ海にて任務に就いていた。近くにはロシアの潜水艦もあったが、一定の距離を保ち、安全を確保している。

しかし、ダンパベイの乗組員は、突然頭上からミサイルと思われる物体が急速に接近していることに気付く。艦長はすぐに退避するよう指示を出すが、時すでに遅し。ミサイルに撃沈され、ダンパベイは沈没してしまった。

ダンパベイの行方がわからなくなったアメリカ海軍は、何が起こったのかを調査するため、潜水艦USSアーカンソーの出航を要請。艦長として任命されがのが、ジョー・グラス(ジェラルド・バトラー)だった。

ジョーはクルーを率いて現地に迎い、早速調査に乗り出す。そしてダンパベイがミサイルにより撃沈された事実を知り、大きな衝撃を受けた。

その直後、周囲の戦艦から狙われていることを悟ったジョーは、すぐに退避を命じるのだが・・・。

スポンサードリンク


緊迫感のある描写がスゴイ!「ハンターキラー 潜航せよ」

潜水艦という密室の中で、海軍の兵士達は何を察知し、どう動いていくのか。緊迫感とリアリティのある描写が多く、思わず見入ってしまう場面が多々ありました。

原題にもなっている「ハンターキラー」は、”攻撃型潜水艦”という意味があるそうです。軍事作戦で使われる最先端の潜水艦だけに、全く見たことがない世界でした。

またこの物語では潜水艦同士のバトルだけでなく、国家のクーデターについても描かれています。

日本ではクーデターなどはあり得ないと思いますが、もし旅行先の国でクーデターが発生した場合、思いもよらぬトラブルに巻き込まれる危険性があります。

海外に渡航する際には、その国の情勢や治安も十分にチェックする必要があると実感させられましたね。

「ハンターキラー 潜航せよ」は、ユーネクストで鑑賞しました。

ユーネクストの公式サイトはこちら↓


映画ランキング TOPページに戻る