キングダム(2019年の映画)の感想や出演者情報

ベストセラー漫画が待望の映画化!キングダム

タイトル キングダム
製作年/製作国 2019年/日本
劇場公開日(日本) 2019年4月19日
配給 東宝、ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
監督 佐藤信介
原作 原泰久
キャスト
(出演者)
山ア賢人、吉沢亮、橋本環奈、長澤まさみ、本郷奏多、満島真之介、嶋政宏、阿部進之介、要潤、深水元基、六平直政、加藤雅也、石橋蓮司、大沢たかお
収録時間 134分
レンタル TSUTAYAディスカスDMM.com
DVD、Blu-rayの購入 Amazon.co.jp楽天ブックス
おすすめ度 星5つ

映画のポイント

週刊ヤングジャンプで連載されている原泰久の人気マンガ「キングダム」を実写映画化した、2019年製作・公開の超大作。

主演は若手人気俳優の山ア賢人で、橋本環奈や吉沢亮、長澤まさみ、大沢たかおなど、注目の役者陣も共演しています。

原作ファンの間でも評判が良く、各映画サイトでの評価も高いです。様々な登場人物の運命が交錯する中、主人公の信は”天下の大将軍”を目指し、大きな情熱を心に秘めながら壮絶な戦いを繰り広げています。

アクション映画がお好きな方はもちろんのこと、全ての映画ファンにおすすめしたい一作です。

スポンサードリンク


映画「キングダム」の冒頭のあらすじ

時は紀元前245年の中国春秋戦国時代。中華の西方に位置する国”秦”にて、戦災孤児の2人の少年が出会った。

彼らの名は、信と漂。ある日、広い大地で大軍を率いる天下の大将軍”王騎(大沢たかお)”の姿を目にし、彼らは大きな憧れの気持ちを抱く。そして自らも天下の大将軍になりたいと思うようになった信は、日々の仕事をこなしながら、漂と共に剣術に励む日々を送っていく。

やがて大きく成長した信(山ア賢人)と漂(吉沢亮)の所へ、ある日、王都の大臣である昌文君(嶋政宏)がやってきた。

2人が鍛錬に励む姿を見た昌文君は、漂だけをスカウト。彼を王宮へと連れて行ってしまう。一人残された信は漂との約束を胸に、たった一人で自らを鍛え続けていく。

そんなある日、王宮では王の弟である成きょう(本郷奏多)によって、クーデターが発生。そして漂は致命傷を負い、瀕死の状態で信の所に戻ってきた。

漂は「お前に頼みがある」と言って信にある地図を手渡し、やがて亡くなってしまう。

信は漂から受け取った地図を手に目的地へと向かうのだが、そこでは驚きの人物が待ち受けていた・・・。

スポンサードリンク


熱き想いがほとばしる超大作映画に感動!

Yahoo!映画をはじめとした映画サイトでの評価が高く、原作ファンの方々も絶賛している人が多いということで鑑賞してみたのですが、予想以上におもしろかったです。

感想としてまず第一に言いたいのが、若手俳優陣の名演技と、圧倒的なスケールで描いた素晴らしい演出です。

主人公の信を演じた山ア賢人さんの”天下の大将軍を目指す熱き想い”がほとばしる演技も良かったですし、吉沢亮さんも実に魅力的な雰囲気を出していました。

そして圧巻だったのが、天下の大将軍である王騎を演じた大沢たかおさんです。身体は筋肉隆々で見事にビルドアップしており、まさに完璧な役作り。特徴のあるキャラクターなのですが、独特な雰囲気とオーラ―を放っていました。

戦闘シーンの迫力もすさまじいものがあり、スケールも抜群に大きいです。

今後の展開が益々楽しみな状態でエンドロールが流れてきただけに、続編が楽しみでなりません。

2020年(令和2年)以降も、このキングダムの映画に関するニュースを注視していこうと思います(^^♪

今回のキングダムは、動画配信サービスのユーネクストで鑑賞しました。(記事掲載日:2020年1月2日)

ユーネクストの公式サイトはこちら↓


映画ランキング TOPページに戻る