ザ・ファブル(2019年の映画)の感想や出演者情報

南勝久の人気マンガを実写映画化!ザ・ファブル

タイトル ザ・ファブル
製作年/製作国 2019年/日本
劇場公開日(日本) 2019年6月21日
配給 松竹
監督 江口カン
原作 南勝久
キャスト
(出演者)
岡田准一、木村文乃、山本美月、福士蒼汰、柳楽優弥、向井理、木村了、井之脇海、六角精児、佐藤二朗、光石研、安田顕、佐藤浩市
収録時間 123分
レンタル TSUTAYAディスカスDMM.com
DVD、Blu-rayの購入 Amazon.co.jp楽天ブックス
おすすめ度 星4つ

映画のポイント

南勝久原作の人気コミック「ザ・ファブル」を、日本を代表するアクション俳優・岡田准一を主演に迎えて実写映画化した2019年の作品。

圧倒的な戦闘能力を司る伝説の殺し屋、ファブル。ボスから1年間の休業を命じられた彼に、新たな危機が舞い込みます。絶体絶命のピンチに陥ったファブルは、どう打開するのか。見る者の度肝を抜くような圧巻のアクションが繰り広げられていました。

山本美月や木村文乃、福士蒼汰、佐藤浩市など主役級の豪華俳優陣が共演しており、見応え十分の映画です。

スポンサードリンク


映画「ザ・ファブル」の冒頭のあらすじ

子供の頃から親代わりであるボス(佐藤浩市)に育てられ、今では”伝説の殺し屋”と呼ばれる存在となったファブル(岡田准一)。彼は圧倒的な戦闘能力を駆使して、どんな仕事も綺麗にこなしていた。

そんな彼の行く末を案じたボスは、1年間の休業をファブルに要請。同時に”佐藤アキラ”という名前で普通の人として生活するよう、彼に命じた。

また相棒のヨウコ(木村文乃)は”佐藤ヨウコ”として、アキラの妹として新たな生活をスタートさせることに。

ファブルはヨウコと共に大阪で共同生活をスタート。一般社会に溶け込むように努力した。またボスは、昔からの付き合いのある暴力団「真黒組」にファブルの擁護を依頼する。

真黒組の重役である海老原(安田顕)は、早速ファブルと接触するのだが・・・。

スポンサードリンク


アクションがとにかくすごい!ザ・ファブルの感想

契約しているユーネクストで公開がスタートし、予告編をチェックして「これは面白そう!!」と感じて早速鑑賞してみたのですが、アクションのレベルがすさまじい見事な作品でしたね。

主演の岡田准一さんは、今や日本を代表する俳優の1人です。アクションシーンにも定評がありますが、あそこまで進化しているとは・・・。開いた口が塞がらなくなるほど、本当にすばらしいキレのある動きでしたね。

また、岡田さん演じる主人公・ファブルの相棒役に木村文乃さんが、そしてヒロイン役として山本美月さんが出演しています。

さらに、ファブルのボス役としてあの佐藤浩市さんも出ているという超豪華な俳優陣が集結していて、それだけでも見応えがありました。

原作ファンの方はもちろんのこと、アクション映画がお好きな方へ是非おすすめしたい作品です。(鑑賞・執筆日:2020年2月2日)

ユーネクストの公式サイトはこちら↓


映画ランキング TOPページに戻る