見えない目撃者(2019年の映画)の感想や出演者情報

吉岡里帆主演のサスペンス映画「見えない目撃者」

タイトル 見えない目撃者
製作年/製作国 2019年/日本
劇場公開日(日本) 2019年9月20日
配給 東映
監督 森淳一
キャスト
(出演者)
吉岡里帆、高杉真宙、田口トモロヲ、大倉孝二、酒向芳、浅香航大、渡辺大知、國村隼、松田美由紀
指定 R15+
収録時間 128分
レンタル TSUTAYAディスカスDMM.com
DVD、Blu-rayの購入 Amazon.co.jp楽天ブックス
おすすめ度 星4つ

映画のポイント

視力を失った元警察官の女性が、研ぎ澄まされた感覚をヒントに誘拐事件の謎を紐解いていく2019年公開のサスペンス映画。

2011年に公開された韓国映画「ブラインド」を日本でリメイクした作品であり、主人公の元警察官役を吉岡里帆が熱演しています。

少女を誘拐した犯人は、一体誰なのか。後半は予想外の展開が待ち受けており、目が離せない展開でした。

スポンサードリンク


映画「見えない目撃者」の冒頭のあらすじ

厳しい警察学校での訓練が終了し、晴れて警察官となった浜中なつめ(吉岡里帆)は、母親(松田美由紀)と弟との3人暮らし。

ある日の夜、素行の悪い弟を車に乗せて自宅へと向かったのだが、自らの過失で交通事故を起こしてしまう。その事故の影響でなつめは失明し、弟は炎に包まれて亡くなってしまった。

それから3年後。警察官を依願退職したなつめは、弟の死の悲しみを乗り越えられまいまま、在宅で文字起こしの仕事をしていた。

行動する時は盲導犬と共に動き、精神病院に通いながらも、必死で社会生活に馴染もうとしている。

そんなある日、盲導犬と一緒に自宅へと歩いていたなつめは、人通りの少ない場所で車の接触事故に遭遇。車中から少女が助けを求める声を耳にし、警察に相談した。

しかしながら警察は、盲目の女性の声に対して信憑性を疑い、捜査を打ち切ろうとする。

間違いなく助けを求める声だったと断言するなつめは、それでもあきらめない。事故現場で車に接触したと思われるスケボー少年の高校生・国崎春馬(高杉真宙)を探し出し、大きな確証を得るのだが・・・。

スポンサードリンク


あの人物がまさかの犯人!後半は緊張感のある展開へと突入

主演を演じた吉岡里帆さんの熱演が光る、とても重厚感があるサスペンス映画でした。

見る前まではそれほどヘビーな内容ではないと勝手に思っていたのですが、これは大きな間違い。

サスペンス感がものすごく出ており、後半はハラハラドキドキの展開が続きます。また「R15+」の指定でちょっとグロテスクな場面も多いので、免疫が無い場合は目を伏せる覚悟が必要かもしれません。

そして誘拐犯の犯人は、本当にまさかの人物です。

犯人が誰なのかわかった後も、サスペンスフルな描写が続き、もう最後まで目が離せませんでしたね。

見た後でしばらく黙り込んでしまうような、予想以上に本格派なサスペンス映画でした。

2020年2月8日時点のYahoo!映画の評価は、1,116件中で3.91点となっており、なかなかの高い評価を受けています。過激なシーンでも大丈夫というサスペンス映画がお好きな方へ、おすすめの映画です。

今回の「見えない目撃者」は、ユーネクストで鑑賞しました。(記事執筆日:2020年2月9日)

ユーネクストの公式サイトはこちら↓


映画ランキング TOPページに戻る