スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け(2019年の映画)の感想

スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け(2019年の映画)の感想

三部作の完結編!スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け

タイトル スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け
原題 Star Wars:The Rise of Skywalker
製作年/製作国 2019年/アメリカ
劇場公開日(日本) 2019年12月20日
配給 ディズニー
監督 J・J・エイブラムス
キャスト
(出演者)
デイジー・リドリー、アダム・ドライバー、キャリー・フィッシャー、マーク・ハミル、ジョン・ボイエガ、オスカー・アイザック、ドーナル・グリーソン、ルピタ・ニョンゴ、ケリー・ラッセル
収録時間 142分
レンタル TSUTAYAディスカスDMM.com
DVD、Blu-rayの購入 Amazon.co.jp楽天ブックス
おすすめ度 星4つ

映画のポイント

全世界でたくさんのファンを魅了してきた”スター・ウォーズ”新シリーズの完結作となる映画。2015年の「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」、2017年の「スター・ウォーズ 最後のジェダイ」に続く作品であり、レイやカイロ・レンの物語が、遂に結末を迎えます。

ファースト・オーダーの最高指導者であり、圧倒的な強さを手にしたカイロ・レンは一体何を想い、どう動いていくのか。また、ジェダイとして覚醒したレイは、窮地に立たされたレジスタンスを救えるのか。最初から最後まで見逃せない展開となっています。

スポンサードリンク


「スカイウォーカーの夜明け」の冒頭のあらすじ

ファースト・オーダーの最高指導者となったカイロ・レン(アダム・ドライバー)。彼はダース・ベイダーの城があった惑星ムスファーに出向き、ウェイファインダーというシスのナビゲーターを手に入れた。

ウェイファインダーは、惑星エクセゴルへの道しるべとなるもの。エクセゴルは星図には存在しておらず、未知の星として知られている。

やがて惑星エクセゴルに辿り着いたカイロ・レンは、かつての銀河帝国の皇帝、パルパティーンと出会った。パルパティーンは約30年前に起きたエンドアの戦いで敗北したのだが、クローンに魂を宿し、生きながらえていたのだ。

パルパティーンはカイロ・レンに対して、レイ(デイジー・リドリー)を殺すように依頼。その目的を遂行するために、ファイナル・オーダーの大艦隊の指揮権を与えようとする。

一方、レイはレイア・オーガナ将軍(キャリー・フィッシャー)の指導のもと、ジェダイとして修業に打ち込んでいた。レイアはレジスタンスの指導者であり、レイの成長を静かに見守っている。

その頃、レジスタンスで暮らすフィンとポーは、”パルパティーンが今も生きている”という驚きの情報を入手した。情報の発信元は、ファースト・オーダー内部のスパイ。一体どういうことなのか、レイやフィンらは、事実を探ろうと動き出すのだが・・・。

スポンサードリンク


レイとカイロ・レンの葛藤の先に待ち受けるものとは!?

シリーズ第1作目の「フォースの覚醒」と第2作目の「最後のジェダイ」の内容をほとんど忘れてしまった状態で見始めたのですが、誰が誰だかわからない状態ではあったものの、それなりに楽しんで見ることができました。

見所は何といっても、ジェダイとして覚醒したレイの新たな冒険と、ダース・ベイダーの意思を受け継ぎ、葛藤を抱きながら戦い続けるカイロ・レンの行く末です。

この2人に焦点を当ててみれば、きっと楽しめるのではないかと思います。

ただし、より深くスター・ウォーズの世界に浸りたい場合は、やはり1作目と2作目の内容を確認しておいた方が良いですね。その方が、映画がスタートした後にすんなりとあらすじが理解できると思います。

今回の「スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」は、動画配信サービスのユーネクストで鑑賞しました。(記事執筆日:2020年4月10日)

ユーネクストの公式サイトはこちら↓


映画ランキング TOPページに戻る