マスカレード・ホテル(2019年の映画)の感想や出演者情報

キムタク×長澤まさみが共演!マスカレード・ホテル

タイトル マスカレード・ホテル
製作年/製作国 2019年/日本
劇場公開日(日本) 2019年1月18日
配給 東宝
監督 鈴木雅之
原作 東野圭吾
キャスト
(出演者)
木村拓哉、長澤まさみ、小日向文世、濱田岳、嶋政宏、菜々緒、梶原善、泉澤祐希、前田敦子、明石家さんま、田口浩正、勝地涼、鶴見辰吾、笹野高史、石橋凌、松たかこ、渡部篤郎
収録時間 133分
レンタル TSUTAYAディスカスDMM.com
DVD、Blu-rayの購入 Amazon.co.jp楽天ブックス
おすすめ度 星4つ

映画のポイント

人気作家である東野圭吾のベストセラー小説の第1作目「マスカレード・ホテル」を原作とした、2019年公開のサスペンス映画。

主演は木村拓哉で、長澤まさみや松たかこ、渡部篤郎、菜々緒、小日向文世など、日本を代表する俳優陣が集結。豪華な老舗ホテルを舞台として、潜入捜査を行う刑事とホテルの従業員が、事件を未然に防ぐために奮闘します。

連続殺人の犯人は、一体誰なのか。怪しい登場人物が次々と現れるストーリー展開となっており、ラストは驚きの展開が待ち受けていました。

スポンサードリンク


映画「マスカレード・ホテル」の冒頭のあらすじ

東京で3件の予告殺人事件が発生。警察は大掛かりな捜査を実施し、不可解な暗号を事件現場で発見する。そしてこの3つの事件は”連続殺人事件”だと断定し、次の事件が起こるのではないかと危惧していた。

そんな中、不可解な暗号の解読に成功。その結果、第4の殺人が東京都内の「ホテル・コルテシア東京」で起こるのではないかと推測した。

警視庁の捜査本部は事件を未然にくい止めるべく、潜入捜査の実施を決定。複数人の捜査員がベルボーイやフロントスタッフなどのホテル従業員に扮して、捜査を行うこととなる。

捜査一課の刑事である新田浩介(木村拓哉)は、フロントスタッフとしてホテル内に配備される。新田の補佐として、コルテシア東京のスタッフである優秀なフロントクラーク、山岸尚美(長澤まさみ)が任命された。

山岸は新田の不愛想な態度に若干の嫌気が差していたが、業務を共にこなすうちに、自然と信頼関係が育まれていった。そんな中、ホテルのフロントに目の不自由な女性が訪れて・・・。

スポンサードリンク


怪しい登場人物がいっぱい!予測不可能なストーリー展開

キムタクや長澤まさみをはじめとした豪華キャスト陣が集結したとのことで劇場公開当時も大きな話題となった作品なのですが、実際に見てみると前評通りでとてもおもしろかったです。

木村拓哉さん・・・無骨で結果にこだわり、正義感の強い刑事の役。

長澤まさみさん・・・一流のホテル従業員役。心構えや姿勢が素晴らしい。

主人公の2人は上記のようなキャラクター設定なのですが、性格が相反する2人の演技は、まさに見応え十分です。キムタクも独特な存在感を放っていましたし、見ていてワクワクできましたね。

また序盤から怪しい登場人物が多く、一体誰が犯人なのか、シーンが進むに連れて益々わからなくなる展開でした。

さらにシリアスな演出ながら、少しポップでユーモアな雰囲気も見え隠れしています。クセのあるお客さんが多く、ホテルで働く人達は本当に大変なんだな〜という感想もありますし、色んな意味で楽しめる作品でしたね。

犯人は誰で、本当の目的は一体何なのか。ラストは本当に予想外の展開が待ち受けていますし、間違いなくおすすめのサスペンス映画です。

今回のマスカレード・ホテルは、ユーネクストで鑑賞しました。(記事掲載日:2020年1月4日)

ユーネクストの公式サイトはこちら↓


映画ランキング TOPページに戻る