七つの会議(2019年の映画)の感想や冒頭のあらすじ

池井戸潤の小説を映画化した話題作!七つの会議

タイトル 七つの会議
製作年/製作国 2019年/日本
劇場公開日(日本) 2019年2月1日
配給 東宝
監督 福澤克雄
原作 池井戸潤
キャスト
(出演者)
野村萬斎、香川照之、及川光博、朝倉あき、片岡愛之助、吉田羊、音尾琢真、土屋太鳳、小泉孝太郎、藤森慎吾、世良公則、鹿賀丈史、橋爪功、北大路欣也
収録時間 119分
レンタル TSUTAYAディスカスDMM.com
DVD、Blu-rayの購入 Amazon.co.jp楽天ブックス
おすすめ度 星4つ

映画のポイント

半沢直樹や下町ロケットなど、数々の名作を世に送り出してきた池井戸潤の同名小説を、実写映画化した2019年の話題作。

日本企業に根付くパワハラ問題を、痛烈な台詞やシーンで鋭く切り裂いています。晩年係長の八角は、何故ぐうたら社員に成り下がったのか。そして予想外の人事異動に隠された秘密は一体何なのか。謎が謎を呼ぶ展開となっており、見る者をぐっと惹きつけます。

主演は野村萬斎で、監督は数々の池井戸作品を手掛けてきた福澤克雄。香川照之や北大路欣也、片岡愛之助など、半沢直樹で名演を見せた役者陣も出演しています。

スポンサードリンク


映画「七つの会議」の冒頭のあらすじ

東京建電は、東京都内に本社がある中堅メーカー企業。営業一課の係長である八角民夫(野村萬斎)は、今日も会議中に居眠りをしている。

ある日、営業一課の課長であり、トップセールスマンとして活躍している坂戸(片岡愛之助)は、八角のやる気のない態度に激怒。彼を激しく叱咤した。

八角は坂戸の言動を非難し、パワハラで訴えると明言。しかし、周囲の社員は「そんなこと通用するか」といった雰囲気で、まるで相手にしない。

しかしその数日後、課長の坂戸は会社の上層部から呼び出しを受けて、パワハラについての事情聴取を受ける。営業部長の北川誠(香川照之)は、可愛がっていた坂戸を何とか救いたいと考えていたが、皆の大方の予想に反して、坂戸は左遷されてしまった。

この人事異動の裏には、一体何が隠されているのか。新たに営業一課の課長に就任した原島(及川光博)と、その部下である浜本(朝倉あき)は、その謎について探り始めるのだが・・・。

スポンサードリンク


日本企業のパワハラ問題を切り裂く!「七つの会議」の感想

日本企業に根強く蔓延るパワハラ、そして企業犯罪の問題を痛烈に描いた、とても見事な映画でした。

一体なぜ、トップセールスを続ける営業一課の課長が、人事異動で飛ばされてしまったのか。そしてかつてはエリート社員だった八角は、どうして会議中に居眠りをするようなぐうたら社員になってしまったのか。

その理由が少しずつ明らかになり、最後には緊迫感のある会議の場面が描かれていました。

Yahoo!JAPAN映画では、4.01点(評価:4,295件)という高い評価を得ていますが、この評価にも納得の作品です。ストーリー展開も演出も、とても良かったです。

そしてこの「七つの会議」で特筆すべき事は、やはり役者陣の演技の素晴らしさですね。主演の野村萬斎さんの演技はちょっとクセが強いかな〜と思いましたが、映画の雰囲気と見事にマッチしていました。

さらに香川照之さん、朝倉あきさん、北大路欣也さんの演技も、本当に素敵でしたね。香川さんの演技は、半沢直樹を思い出させてくれます。

今回この「七つの会議」は、動画配信サービスのユーネクストで鑑賞しました♪

ユーネクストの公式サイトはこちら↓


映画ランキング TOPページに戻る