記憶にございません!(2019年の映画)の感想

記憶にございません!(2019年の映画)の感想

豪華キャスト陣が集結!映画「記憶にございません!」

タイトル 記憶にございません!
製作年/製作国 2019年/日本
劇場公開日(日本) 2019年9月13日
配給 東宝
監督 三谷幸喜
脚本 三谷幸喜
キャスト
(出演者)
中井貴一、ディーン・フジオカ、小池栄子、石田ゆり子、草刈正雄、佐藤浩市、斉藤由貴、木村佳乃、吉田羊、寺島進、田中圭
収録時間 127分
レンタル TSUTAYAディスカスDMM.com
DVD、Blu-rayの購入 Amazon.co.jp楽天ブックス
おすすめ度 星4つ

映画のポイント

ザ・マジックアワー」や「ステキな金縛り」、「THE有頂天ホテル」など、これまで数々の名作映画を世に送り出してきた三谷幸喜監督が脚本も兼務した、2019年公開のコメディ映画。

主演は中井貴一で、史上最低の支持率をたたき出した黒田総理大臣(架空の人物)を熱演。佐藤浩市や吉田羊、石田ゆり子、ディーン・フジオカ、田中圭など豪華俳優陣が共演しており、記憶を失った総理大臣のドタバタ活劇が繰り広げられます。

絶体絶命の窮地に立たされた日本の首相は、一体どのように挽回していくのか。思わず笑ってしまう場面が随所に散りばめられており、見ていてほっこりするような心温まる作品に仕上がっていました。

スポンサードリンク


映画「記憶にございません!」の冒頭のあらすじ

ある日の夜。東京都内のベッドで目覚めた中年の男は、全ての記憶を失っていた。頭には包帯が巻かれていて、自分がなぜ、病院にいるのかわからない。

男は事態を把握できずに、病院のパジャマのまま外へ飛び出す。すると黒いスーツを来た屈強な男たちが、彼を追いかけて行った。

やがて黒づくめの車に取り囲まれた男は、無理矢理車に乗せられ、どこかに連れて行かれてしまう。

男の正体は何を隠そう、現職の総理大臣である黒田啓介(中井貴一)。国会では「記憶にございません!」などの暴言を吐きまくり、史上最低の2.3%という支持率をたたき出した、話題の人物だった。

黒田総理は国民に向けた演説中に、何者かに石を投げられて失神。幸いなことに骨に支障は無かったものの、記憶を失ってしまったのである。

やがて黒田啓介は自分が総理であることに驚き、秘書らに助言を求めるのだが・・・。

スポンサードリンク


黒田総理のハチャメチャなシーンがもっと見たかった!!

予告編の動画で、「記憶にございません!、だから記憶に無いって言ってんだろ!」のように叫ぶ黒田総理大臣の姿を見て、「これは間違いなく面白そう・・・!」と思って鑑賞してみたのですが・・・。

映画は黒田総理が記憶を無くした時点からのスタートで、序盤からすっかり良い人間に生まれ変わっており、期待していたよりもおとなしい映画だったな〜というのが正直な感想です。

個人的には黒田総理のすごい暴言に惹かれたので、前半部分は記憶を無くす前のめちゃくちゃな総理の姿をもっと見たかったですね。

ストーリーはどちらかと言うとハートウォーミングな感じで、所々に笑える場面が散りばめられています。

また主演の中井貴一さんをはじめとして、豪華俳優陣や人気のお笑い芸人の方々も随所に登場しており、三谷監督の作品らしいとても豪華な映画だと思いました。

三谷作品の真骨頂ともいえる作品なので、まだご覧になっていない方へぜひおすすめしたいです(^^♪

今回の「記憶にございません!」は、ユーネクストで鑑賞しました。(記事執筆日:2020年5月3日)

ユーネクストの公式サイトはこちら↓


映画ランキング TOPページに戻る