フォードvsフェラーリ(2019年の映画)の感想や出演者情報

フォードvsフェラーリ(2019年の映画)の感想や出演者情報

ル・マン耐久レースの実話を映画化!フォードvsフェラーリ

タイトル フォードvsフェラーリ
原題 Ford v. Ferrari
製作年/製作国 2019年/アメリカ
劇場公開日(日本) 2020年1月10日
配給 ディズニー
監督 ジェームズ・マンゴールド
キャスト
(出演者)
マット・デイモン、クリスチャン・ベール、ジョン・バーンサル、カトリーナ・バルフ、ジョシュ・ルーカス、トレイシー・レッツ、ノア・ジュープ
収録時間 153分
レンタル TSUTAYAディスカスDMM.com
DVD、Blu-rayの購入 Amazon.co.jp楽天ブックス
おすすめ度 星5つ

映画のポイント

フランスで行われている「ル・マン24時間耐久レース」の実話を、マット・デイモンとクリスチャン・ベールを主演に迎えて実写化した2019年公開の映画。

アメリカのフォード社とイタリアのフェラーリ社の数年間にわたる戦いを、ル・マン24時間耐久レースを舞台にし、心揺さぶられる描写で綴られています。

実在した2人のカーレーサー、キャロル・シェルビーとケン・マイルズの2人の出会いや友情、そしてそれぞれの想いも情緒豊かに描かれており、大きな感動を私達にもたらしてくれるおすすめの映画です。

スポンサードリンク


映画「フォードvsフェラーリ」の冒頭のあらすじ

キャロル・シェルビー(マット・デイモン)は、一流のレーシングドライバー。彼は1959年にフランスで行われたル・マン24時間耐久レースで優勝するも、その後に心臓病が発覚。プロレーサーとしてのキャリアを終えた。

シュルビーは引退後、自分が理想とするスポーツカーを作り上げるために「シェルビー・アメリカン」という会社を設立する。セレブな顧客を相手にし、経営者としても成功を収めることができた。

一方、イギリス出身のカーレーサーであるケン・マイルズ(クリスチャン・ベール)は、第二次世界大戦中はイギリス軍に入隊。終戦後に除隊し、アメリカに移住して自動車整備工場を経営していた。マイルズには愛する妻・モリー(カトリーナ・バルフ)と息子のピーターがいて、決して裕福ではなかったが幸せな毎日を送っている。

そんなシェルビーとマイルズが出会ったのは、あるカーレースの大会だった。ちょっとした会話からマイルズを怒らせてしまったシェルビーは、彼からスパナを投げつけられる。そしてその大会では、マイルズが圧倒的なドライビングテクニックを駆使して優勝。彼のレーサーとしての能力に魅了されたシェルビーは、彼のスパナを自分のオフィスに飾る。

優勝してご機嫌なマイルズだったが、その直後に税金の滞納が発覚。経営している自動車整備工場が差し押さえられてしまい・・・。

スポンサードリンク


心に響く名作!「フォードvsフェラーリ」の感想

各映画サイトでの評価が高く、個人的に大好きな2大俳優(マット・デイモンとクリスチャン・ベール)がW主演を務めていると聞いて期待して見てみたのですが、その期待を上回る本当に素晴らしい映画でした。

1966年のル・マン24時間耐久レースを主軸として描いている映画なのですが、そのレースが開催されるまでの過程がとてもドラマティックに、そしてリアルに描かれています。

マット・デイモンとクリスチャン・ベールは共に車をこよなく愛するレーサー役なのですが、キャラクターが全く異なります。この2人の絡みや台詞が絶妙なのですが、圧巻なのが演技の素晴らしさです。特にマイルズ役を演じたクリスチャン・ベールは、批評家からも高く評価されていたようですね。

第92回アカデミー賞では作品賞など4部門でノミネートされ、そのうち編集賞や音響編集賞の2部門を受賞しました。また、各映画サイトからは以下のような高い評価も出ています。

〜「フォードvsフェラーリ」の各映画サイトの評価〜※2020年4月時点

〇Yahoo!映画 ⇒ 4.28点/5点(評価:2,838件)

〇映画.com ⇒ 4.1点/5点(評価:434件)

〇IMDb ⇒ 8.1点/10点(評価:187,800件)

そして監督のジェームズ・マンゴールドは、過去に「3時10分、決断のとき」や「LOGAN ローガン」などで大ヒットを収めている名監督です。

このジェームズ・マンゴールドとクリスチャン・ベール、そしてマット・デイモンが揃ったのですから、もう面白くないわけがありません。

カーレース系の映画がお好きな方はもちろんのこと、心揺さぶられる感動的な映画を見たい方にも、間違いなくおすすめの作品です。お時間がある時に、ぜひご覧になってください(^^♪

今回の「フォードvsフェラーリ」は、動画配信サービスのユーネクストで鑑賞しました。(記事執筆日:2020年4月8日)

ユーネクストの公式サイトはこちら↓


映画ランキング TOPページに戻る