シンデレラ(2015) 映画の感想や出演者、冒頭のあらすじ

ディズニー不朽の名作アニメの実写化!シンデレラ(2015)

タイトル シンデレラ
原題 Cinderella
製作年/製作国 2015年/アメリカ
監督 ケネス・ブラナー
脚本 クリス・ワイツ
出演 リリー・ジェームズ、リチャード・マッデン、ケイト・ブランシェット、ステラン・スカルスガルド、ソフィー・マクシェラ、ホリデイ・グレインジャー、デレク・ジャコビ
収録時間 105分
レンタル TSUTAYAディスカスDMM.com
DVD、Blu-rayの購入 Amazon.co.jp楽天ブックス
おすすめ度 星5つ

映画のポイント

1950年に公開されたディズニーの不朽の名作アニメーション映画「シンデレラ」を実写化した作品。シンデレラ役を若手女優のリリー・ジェームズが、王子役をリチャード・マッデンが好演しています。

映画公開時は「アナと雪の女王 エルサのサプライズ」も同時公開されており、興行的にも大きな成功を収めています。

冒頭のあらすじ

父と母の愛情溢れる家庭で伸び伸びと成長していった、少女のエラ。しかし、エラがまだ幼い頃に母は病で亡くなってしまう。

「つらい時でも、優しさと勇気を忘れないで」という母の言葉を胸に、エラは純粋な心を持つ素敵な女性へと成長していった。

ある日、貿易商を営む父(ベン・チャップリン)は、今後の人生のため、そして何よりもエラ(リリー・ジェームズ)のために、再婚を決意する。

継母(再婚相手:ケイト・ブランシェット)にはエラと同世代の2人の娘がおり、やがて共に生活するようになった。

しかし、継母は若く美しいエラのことが、どうも気に入らない。それに加えて夫から一心の愛情を受けていることを知り、不愉快な気持ちが止まらなかった。

そんな時、父は旅先で急病を患い、帰らぬ人となってしまう。継母はこれを機にエラを召使のように扱いはじめ、屋根裏部屋へと追いやってしまう・・。

スポンサードリンク



「シンデレラ」を見た感想

誰もが知っている超有名なディズニーアニメであり、ストーリーももちろん知っています。しかし、本当に素晴らしい出来の映画で、見ていて一瞬足りとも飽きませんでした。

見ているうちにストーリーにどんどん引き込まれてしまう演出力。それでいて最後は大きな感動を与えてくれるので、この作品こそ、ディズニーを代表する実写映画だと思いましたね。

出演者については、継母役を演じたオスカー女優、ケイト・ブランシェットの悪態ぶりが気持ちよいぐらい凄かったです。今回はかなり性根の腐ったいじわるな女性役ですが、見事にハマっていました。

そしてこの映画を語る時に欠かせないのが、主人公のシンデレラ(エラ)を演じた新人女優のリリー・ジェームズです。その姿、表情、立ち振舞いは、まさに本物のシンデレラでした。

”リリー・ジェームズあってこそのシンデレラの実写映画”と言いたくなるぐらい、本当に魅力的で素晴らしかったです。シンデレラが持つであろう清純さや優しさが、もうにじみ出ていましたね。

このリリー・ジェームズと王子役のリチャード・マッデンは、2016年に公開される舞台「ロミオ&ジュリエット」でも共に主演を務めることが決まっているそうです。

まだまだ若い役者さんだけに、今後の活躍が非常に楽しみですね。


スポンサードリンク


映画ランキング TOPページに戻る