世界一キライなあなたに(映画)の感想や冒頭のあらすじ、出演者情報

ベストセラー恋愛小説を映画化!世界一キライなあなたに

タイトル 世界一キライなあなたに
原題 Me Before You
製作年/製作国 2016年/アメリカ
配給 ワーナー・ブラザース映画
監督 テア・シェアイック
原作 ジョジョ・モイーズ
キャスト
(出演者)
エミリア・クラーク、サム・クラフリン、ジャネット・マクティア、チャールズ・ダンス、ブレンダン・コイル、ジェナ・コールマン、マシュー・ルイス
収録時間 110分
レンタル TSUTAYAディスカスDMM.com
DVD、Blu-rayの購入 Amazon.co.jp楽天ブックス
おすすめ度 星5つ

映画のポイント

ジョジョ・モーイズ原作の2012年のベストセラー恋愛小説「ミー・ビフォア・ユー きみと選んだ明日」を、エミリア・クラークとサム・クラフリンを主演に迎え、実写映画化した作品。

不慮の事故により車椅子生活を余儀なくされた青年と、彼を献身的に支える介護職の女性の恋愛模様を描いた、涙無しでは見られない感動的な映画です。

彼の決断は、本当に良かったかのかどうか。賛否が分かれるラストですが、本当に大きな感動を与えてくれる作品です。

スポンサードリンク


映画「世界一キライなあなたに」の冒頭のあらすじ

青年実業家のウィル・トレイナー(サム・クラフリン)は、仕事のプライベートも充実した日々を送っていた。大富豪の家に生まれ、イケメンであり、最愛の彼女もいる。さらにスポーツ万能であり、友人からも慕われる存在だった。

しかし、ある日道路を横断中にバイクに衝突され、意識不明の重体に。懸命な手術が行われたものの、下半身が不随となり、車椅子生活を余儀なくされてしまう。それ以来ウィルは心を閉ざし、自宅に引き込まるようになっていた。

一方、イギリスの田舎町で家族と共に暮らしていたルーことルイーザ・クラーク(エミリア・クラーク)は、カフェでウェイトレスとして働いていた。しかし、オーナーが突然店を閉めると言い出し、ルーは止むを得ず失業してしまう。

家族のために働かなければならないルーは、すぐに仕事を探す。そして見つけたのが、豪邸に住む青年(ウィル)の介護の仕事だった。

契約期間は6ヵ月。就業に躊躇したルーだったが、給料がとても良いこともあり、仕事を引き受けることになる。

やがてルーは、重度の脊髄損傷で四肢麻痺になったウィルに対して、懸命な介護を開始。始めはルーに対して冷たく接していたウィルだったが、天真爛漫な彼女に対して、少しずつ心を開いていき・・・。

スポンサードリンク


涙腺崩壊の感動作!「世界一キライなあなたに」の感想

もう涙無しでは見られない、予想以上の感動ストーリーでした。

何となくウィルとルーが恋に落ちるという展開は予想できていたのですが、出会ったばかりのウィルは、非常に素っ気ないです。

そんなウィルに対して献身的に明るく接し続けるルーの姿は、見ていて心温まるものがありました。こんな人が友達や恋人、あるいは家族に居たら間違いなく楽しいだろうな〜と思わせてくれるようなキャラクターでしたね。

そして少しずつ2人の仲が縮まっていくわけですが、その過程におけるストーリー展開や脚本も、見ていてとても良かったです。見ているこっちが2人を応援したくなる感じですね。

しかしながら終盤の話は一応納得できたものの、人によって賛否が分かれる内容だと思います。

個人的には、ルーの想いがウィルに届くことを切に願っていたのですが・・・。終盤は思わず涙がこぼれてしまう場面も多々ありました。

世界40ヵ国以上で翻訳されたベストセラー小説が原作の映画とのことで、ストーリーやエンディングが実に奥深いです。一生のうちで一度は見ておくべき映画だと思います。

レンタル&視聴はこちら↓



映画ランキング TOPページに戻る