ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション 映画の感想や出演者情報

最高傑作!ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション

タイトル ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション
原題 Mission:Impossible - Rogue Nation
製作年/製作国 2015年/アメリカ
監督 クリストファー・マッカリー
原作 クリストファー・マッカリー
製作 トム・クルーズ、J・J・エイブラムス、ブライアン・バーク、デヴィッド・エリソン
出演 トム・クルーズ、レベッカ・ファーガソン、サイモン・ペグ、ジェレミー・レナー、アレック・ボールドウィン、ヴィング・レイムス、ショーン・ハリス、サイモン・マクバーニー
収録時間 131分
おすすめ度 星5つ

映画のポイント

世界的大ヒットを続けている”ミッション:インポッシブル”シリーズ史上最高傑作の呼び声が高い、シリーズ第5作目となる映画。

IMFが政府から解体されようとする中、イーサン・ハントが謎の犯罪組織”シンジケート”の調査に乗り出します。ベンジーやブラントなど、ゴーストプロトコルからの出演者に加えて、今作では謎の女スパイ・イルサも登場。

ミッション:インポッシブルならではのアクションに加え、サスペンスやスパイの要素も十二分に詰め込み、見る人を魅了する本当にスゴイ作品に仕上がっています。

冒頭のあらすじ

IMFのエージェントであるイーサン・ハント(トム・クルーズ)は、世界各地で暗躍する謎の凶悪組織”シンジケート”の正体を追っていた。

そんなある日、イーサンは指令を受けるためにロンドンを訪れる。しかし、その場所は既にシンジケートによって掌握されており、イーサンは彼らに捕まってしまう。

シンジケートの手によって拷問を受けるイーサンだったが、謎の美女・イルサ(レベッカ・ファーガソン)の手助けによってその場から脱出することに成功。イルサは自分の正体を明かさなかった。

同じ頃、アメリカでは政府の極秘会議が行われていた。そして、IMFを好ましく思っていないCIA長官・アラン(アレック・ボールドウィン)の進言によって、IMFは解体を命じられてしまう。

これまで数々のミッションに関わってきたイーサンは、CIAから国際指名手配を受ける。しかし、イーサンは身を隠しながらも、独自の判断でシンジケートを追い続けていく・・。

スポンサードリンク



「ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション」を見た感想

もうどう表現すれば良いのか解からなくなるぐらい、本当に素晴らしい映画でした。他に類を見ないぐらい、スパイ・アクション映画として非常に洗練されていましたね。

「シリーズ最高傑作!」とか「スパイ映画で一番面白かった!」というネット上の感想も多いですが、本当にその通りだったと思います。

まずこのミッション:インポッシブル/ローグ・ネイションを語る時に外せないのが、卓越した脚本の素晴らしさです。

それもそのはず、脚本を務めたのは監督であるクリストファー・マッカリーで、1995年に公開されたサスペンス映画の傑作「ユージュアル・サスペクツ」でアカデミー脚本賞を受賞した人物です。その後もオール・ユー・ニード・イズ・キルなどで脚本を担当されています。

大切な部分では一気に引き込み、私達を映画の世界に思いっきり取り込んでくれます。その上、登場人物のキャラクターに合わせた”決めゼリフ”のようなものもあり、本当に楽しませてくれました。

私は2015年8月10日に劇場で見てきたのですが、メンズデーで1,000円だけで見てしまったのが申し訳ないぐらいです。見ている間も十二分に楽しめましたが、見終わった後もしばらく興奮が治まりませんでした。

また、前作のゴースト・プロトコルと比べるとアクションが少し控えめかもしれませんが、その分サスペンスやスパイの要素が強くなっています。1996年のミッション:インポッシブル第1弾や、ダニエル・クレイグ主演の007シリーズの良い要素も取り入れられている印象がありました。

そして予告編にあったイーサンが飛行機のドアに掴まりながら飛んでしまうシーンですが、あれは本当に冒頭のシーンだったのですね。最初にあんなスゴイシーンを見せられたので、その後の期待感も一気に高まりました。

トム・クルーズの年齢を感じさせないアクションも健在でしたが、女スパイのイルサを演じたレベッカ・ファーガソンもすごく良かったです。

あと、サイモン・ペグが演じたベンジーについては、ちょいちょい笑ってしまいました。前作から登場したジェレミー・レナー演じるブラントも良い味を出していましたし、キャラ設定や演出、そして脚本も最高だったと思います。

こんな素晴らしい映画を作ってくれたトム・クルーズやクリストファー・マッカリー監督など、製作に携わった全ての方々に感謝したいですね。


スポンサードリンク


映画ランキング TOPページに戻る

ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション 映画の感想や出演者情報関連ページ

LOCK,STOCK&TWO SMOKING BARRELS
ハンガー・ゲーム
ボーン・アイデンティティー
ボーン・スプレマシー
ボーン・アルティメイタム
ボーン・レガシー
エージェント・マロリー
るろうに剣心
コロンビアーナ
バットマン ビギンズ
ダークナイト
ダークナイト ライジング
007/スカイフォール
十三人の刺客
ゲットバック
96時間/リベンジ
SAFE/セイフ
プレミアム・ラッシュ
アウトレイジ ビヨンド
PARKER/パーカー
アウトロー
ザ・ターゲット 陰謀のスプレマシー
ネイビーシールズ
ダイ・ハード/ラスト・デイ
ミッシングID
ヒート〜映画ランキング〜
ジャンゴ 繋がれざる者
ライジング・ドラゴン
のぼうの城
L.A.ギャングストーリー
藁の楯(わらのたて)
G.I.ジョー バック2リベンジ
エンド・オブ・ホワイトハウス
ワイルド7
ワイルド・スピード EURO MISSION
ラストスタンド
ハード・ラッシュ
脳男
ホワイトハウス・ダウン
スノーホワイト
許されざる者(日本・2013年公開)
図書館戦争
ハンガー・ゲーム2
2ガンズ
3時10分、決断のとき
イップ・マン 序章
戦火の馬
クローズ ZERO II
エンド・オブ・ウォッチ
デッドマン・ダウン
キック・アス
ソルト
ワイルド・スピード MEGA MAX
ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル
エージェント:ライアン
大脱出
ブラックホーク・ダウン
ウォンテッド
スカーフェイス
アンタッチャブル
グランド・イリュージョン
REDリターンズ
黒執事
フルメタル・ジャケット
レザボア・ドッグス
プライベート・ライアン
ザ・シューター/極大射程
ローン・レンジャー
ハードロマンチッカー
ファイト・クラブ
RED/レッド
ブレイブハート
ディファイアンス
300 スリーハンドレッド 帝国の進撃
ラストミッション
ミッドナイト・ラン
イングロリアス・バスターズ
クローズEXPLODE
LUCY/ルーシー
るろうに剣心 京都大火編
るろうに剣心 伝説の最期編
フルスロットル
フューリー
フライト・ゲーム
イコライザー
TOKYO TRIBE/トーキョー・トライブ
バトルフロント
ミッション:インポッシブル
ヘラクレス
エクスペンダブルズ3 ワールドミッション
ザ・レイド
トップガン
ランボー
ランボー 怒りの脱出
レオン
ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア
ドラキュラZERO
ザ・レイド GOKUDO
ドランクモンキー 酔拳
ミッション:インポッシブル2
マッドマックス
燃えよドラゴン
ラスト・オブ・モヒカン
96時間/レクイエム
007/カジノロワイヤル
M:I:V(ミッション:インポッシブル3)
007/慰めの報酬
ドラゴンへの道
プロジェクトA
マッドマックス2
ランボー3 怒りのアフガン
マッドマックス 怒りのデス・ロード
ローン・サバイバー
パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト
インディ・ジョーンズ/レイダース 失われたアーク 聖櫃
インディ・ジョーンズ 魔宮の伝説
グラディエーター
ジョーカー・ゲーム
ワイルド・スピード SKY MISSION
クレイジーモンキー 笑拳
ラン・オールナイト
007/ゴールデンアイ
フレンチ・コネクション
ダーティハリー
ミニミニ大作戦
キングスマン
ハンガー・ゲーム FINAL:レジスタンス
カリフォルニア・ダウン
クーデター
JOKER・厄病神
スピード
シティ・オブ・ゴッド
ジョン・ウィック
007スペクター
コードネーム U.N.C.L.E.
ハンガー・ゲーム FINAL:レボリューション
劇場版 MOZU
S−最後の警官− 奪還 RECOVERY OF OUR FUTURE
サバイバー
エージェント・ウルトラ
X−ミッション
悪党に粛清を
96時間
ボーダーライン
タイム・トゥ・ラン
レヴェナント:蘇えりし者
図書館戦争 THE LAST MISSION
エンド・オブ・キングダム
ダイ・ハード
メカニック ワールドミッション
ターザン:REBORN
ジャングル・ブック
ジェイソン・ボーン
ジャック・リーチャー NEVER GO BACK
マグニフィセント・セブン
インファナル・アフェア
キャットウーマン
ワイルド・スピード
ワイルド・スピードX2
ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT
ワイルド・スピード MAX
アドレナリン