映画「ヘイトフル・エイト」の感想や冒頭のあらすじ、出演者情報

破天荒かつ残虐なミステリー映画「ヘイトフル・エイト」

タイトル ヘイトフル・エイト
原題 The Hateful Eight
製作年/製作国 2015年/アメリカ
配給 ギャガ、ワインスタイン・カンパニー
監督・脚本 クエンティン・タランティーノ
指定 R18+
出演 サミュエル・L・ジャクソン、カート・ラッセル、ジェニファー・ジェイソン・リー、ウォルトン・ゴギンズ、ティム・ロス、デミアン・ビチル、マイケル・マドセン、ブルース・ダーン、チャニング・テイタム
収録時間 168分
レンタル TSUTAYAディスカスDMM.com
DVD、Blu-rayの購入 Amazon.co.jp楽天ブックス
おすすめ度 星4つ

「ヘイトフル・エイト」のポイント

クエンティン・タランティーノ監督が2015年に製作した、ウエスタン系のミステリー映画。

信用ならぬ男女8人が、吹雪のため山小屋の雑貨店に滞在。そこで発生した殺人事件をきっかけに、個々の正体や思惑が次々と丸裸にされ・・。想像を絶する展開が待ち受けています。

タランティーノ監督ならではの血しぶきや、残虐な描写も多いです。凄い作品ですが、食事中の鑑賞は避けた方が良いでしょう。

スポンサードリンク



冒頭のあらすじ

南北戦争(1861〜1865年)が終わり、数年が経過したある年の冬。ワイオミング州の山々には雪が積もり、1人の男が道中を急ぐ駅馬車の前に立っていた。

男は元北軍少佐のマーキス・ウォーレン(サミュエル・L・ジャクソン)。馬が死んで先に進むことができず、駅馬車に同乗させて欲しいと言う。

馬車には賞金稼ぎのジョン・ルース(カート・ラッセル)と、連行中で鎖に繋がれたデイジー・ドメルグ(ジェニファー・ジェイソン・リー)が乗っていた。ジョンは条件付で、マーキスの同乗を認める。

馬車は再び前へ進みだしたが、もう1人行く手を阻む男が現れた。彼の名はクリス・マニックス(ウォルトン・ゴギンズ)で、自分は新任の保安官だと言う。

ジョンはクリスも行き先が同じことから、彼の同乗も許可。馬車は再び、レッドロックへ向かって動き出した。

しかし、雪嵐が目前に迫っているため、彼らは山小屋の雑貨店、ミニー・ミンクの店でやり過ごすことに。そして店のドアを開けると、店内には得体の知れない複数人の男が滞在しており・・・。

スポンサードリンク



映画「ヘイトフル・エイト」を見た感想

破天荒。残虐。極悪非道。

表現すべき言葉が見つからないほど、何とも凄まじい映画でした。「R18+」の指定がされていますが、それでも足りないぐらいです。

クエンティン・タランティーノ監督作品史上最も残虐であり、監督ならではの様々な演出もたくさん出ていたと思います。

終盤はダメ押しのように血しぶきが飛び散り、思わず口が空いてしまうような過激な描写もちらほら。

Yahoo!映画のレポートでは”西部劇版「レザボア・ドッグス」”と表現されていましたが、確かにその通りだと思いました。

登場人物の職業や正体は全て自称で、本当かどうか分かりません。賞金稼ぎや賞金首、処刑執行人、カウボーイ、新任保安官、元将軍など、色んな人物が出てきます。

全員の本当の正体が分からないだけに、映画の後半に向けたドキドキ感が少しずつ高まってきます。

168分という長編で前半は少しだらだらした印象も受けましたが、終盤はもう「うわ〜。。。」という感じですね。見終わった後は、少しの間、天井を黙って見上げていました。

クエンティン・タランティーノ監督作品がお好きな方はもちろんのこと、ミステリーやサスペンス、ハードボイルド系の映画が好みの方にもおすすめの映画だと思います。

ただし、残虐なシーンも多いので、免疫がない場合は見ない方が良いかもしれません。


「ヘイトフル・エイト」のレンタル&視聴はこちら↓




映画ランキング TOPページに戻る

映画「ヘイトフル・エイト」の感想や冒頭のあらすじ、出演者情報関連ページ

告白
声をかくす人
悪の教典
アリス・クリードの失踪
冷たい熱帯魚
メメント
ザ・クリーナー 消された殺人
ゼロ・ダーク・サーティ
ファインド・アウト
ブラック・スワン
ペーパーボーイ 真夏の引力
プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命
悪の法則
トランス
バンク・ジョブ
サイド・エフェクト
スパイ・コード 殺しのナンバー
ランナウェイ/逃亡者
ボディ・ハント
L.A.コンフィデンシャル
レイヤー・ケーキ
黄金を抱いて翔べ
オンリー・ゴッド
交渉人 THE MOVIE
ユージュアル・サスペクツ
プレステージ
ザ・ウォッチャー
バタフライ・エフェクト
ブロークンシティ
ルームメイト
真実の行方
ディナーラッシュ
マッチポイント
依頼人/ザ・クライアント
マイ・バック・ページ
スーパー・チューズデー 正義を売った日
アメリカン・サイコ
ゴスフォード・パーク
ハミングバード
フォロウィング
インソムニア
渇き。
白ゆき姫殺人事件
MONSTERZ モンスターズ
ゴールデンスランバー
臨場 劇場版
パーフェクト・ゲッタウェイ
チーム・バチスタFINAL ケルベロスの肖像
プリズナーズ
ファーナス/訣別の朝
万能鑑定士Q モナ・リザの瞳
バックドラフト
ゴーン・ガール
ボーダータウン 報道されない殺人者
アルカトラズからの脱出
マラソンマン
鑑定士と顔のない依頼人
ミザリー
es[エス]
ミシシッピー・バーニング
ジェイコブス・ラダー
クローズド・サーキット
ザ・コール 緊急通報指令室
シン・シティ 復讐の女神
オリエント急行殺人事件
ミッドナイトクロス
ソロモンの偽証 前篇・事件 後篇・裁判
激突!
ケープ・フィアー
複製された男
インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア
予告犯
羊たちの沈黙
ハンニバル
アメリカン・ギャングスター
チャイルド44 森に消えた子供たち
グラスホッパー
ブラック・スキャンダル
ドラゴン・タトゥーの女
ダ・ヴィンチ・コード
アンダルシア 女神の報復
天使と悪魔
僕だけがいない街
交渉人(1998年のアメリカ映画)
セブン
アンノウン
ミュンヘン
ヴィクトリア
ブラックブック
ケープタウン
セルラー
逃亡者
ヘイル、シーザー!
マネーモンスター
砂上の法廷
天空の蜂
ヒメアノ〜ル
インサイド・マン
ノーカントリー
パーフェクト・ルーム
シークレット・アイズ
スキャナー 記憶のカケラをよむ男
グッド・シェパード
クリーピー 偽りの隣人
ミスティック・リバー
コンフィデンス
64 ロクヨン 前編
64 ロクヨン 後編
ダーク・プレイス
パッション(2012年)
殺しのドレス
ミュージアム
トゥルー・クライム
ザ・ギフト
ザ・コンサルタント
ニューオーリンズ・トライアル
情婦
マイ・ボディガード
スノーデン
Vフォー・ヴェンデッタ
ラッキーナンバー7
裏切りのサーカス